目の健康を考えるなら北国アロニア!|健康的な体作りしよう

薬

サポニンの効能

サポニンについて

サプリメント

サポニンとは、植物に含まれる成分であり、高麗人参やマメ科の植物に多く含まれます。サポニンの名の由来となったのはシャボンであり、その名の通り水を加えて振り混ぜると石鹸のように泡立つ性質があります。天然の界面活性剤であり、体内においては殺菌作用のほか、コレステロールを排出したり、血中の脂質を溶かして血栓を予防するといった健康面での大きな効果があります。しかし界面活性剤は浸透力が高く、合成界面活性剤の場合細胞膜を破壊するといった副作用もあり、サポニンの場合も、由来する植物の種類によっては強い溶血作用を持つものもあるので摂取量には注意が必要となります。ただし現在健康食品として市販されるものは大豆などを原料としており、副作用の問題はほとんど無いとされています。

様々な効能について

サポニンには様々な健康効果が期待されています。代表的なものとして抗酸化作用があげられます。脂質が酸化することで血栓ができ、動脈硬化や命に係わる心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす可能性があり、サポニンには脂質を分解する効果によりこれらの症状を予防することができます。更に、ブドウ糖が中性脂肪に変化することを阻害する働きもあり、これによって生活習慣病のもととなるコレステロール値の上昇を抑えることができます。また、抗菌殺菌作用により、アトピー性皮膚炎への改善効果も確認されているほか、脂肪吸収の抑制効果によって肥満の予防や改善にも効果が発揮されます。過酸化脂質によって障害を受けやすい肝臓の機能の保護や回復にも役立ちます。